岐阜の森住建の建てる家は大地震に備えた安心・安全の耐震仕様です

0120-45-3149 0120-45-3149

耐震・構造について

優れた耐震構造と断熱仕様
ご家族を守る安心で快適な家

全棟長期優良住宅対応完全10年保証 全棟長期優良住宅対応完全10年保証

 

こだわりの耐震仕様

 

地震に強い土台を作るしっかりした「地盤調査」

  • 念入りな地盤調査に基づいて家の設計をしっかりしております。
    お客様の土地の地耐久力の度合いをしっかり調べてから地盤改良や基礎杭を施したり、基礎補強するなど、適切な地盤補強を行っております。

 

耐震性の高い「基礎工法」

  • 通常より太く細かい鉄筋
  • 通常より太く細かい鉄筋

    基礎の配筋には一般的な鉄筋の太さより、さらに太い物を使用し、また間隔もより狭く配筋されています。
    通常は直径10mmの鉄筋を200mm間隔ですが、森住建では、直径13mmの鉄筋を150mm間隔で施工しています。

  • ベタ基礎
  • ベタ基礎

    地面全体をコンクリートで覆う耐震性が高い工法です。
    ベタ基礎は、地面を面でとらえるため、 軟弱地盤であっても不同沈下(地盤が不均等に沈下してしまう現象)を起こしにくいといわれています。
    ※地盤調査は全棟実施しています。

 

横からの力に強い「マス組工法」

1F・2Fの床の大引きをすべてマス組にし、合板を四周打ちにしています。
そうすることにより地震に強い頑丈なお家となります。

  • ※倍率は耐震等級を計算する時に使用する数字となります。

    川の字:
    構造用合板24mm以上 / 根太なし直張り川の字釘打ち、B75@150 以下

    マス組:
    構造用合板24mm以上 / 根太なし直張り4周釘打ち、B75@150 以下

マス組工法の効果

1. 水平構面の強化
床が丈夫でないと地震による水平力に対しての弱点となってしまいます。床をマス組にすることにより頑丈な床となります。
2. 床鳴りの低減
細かく大引きを組むため、床鳴りの原因である合板のしなりが軽減されます。

 

地震や火災に強い「耐力面材」

  • 耐力面材を建物の外周部に使用することにより、地震や火災に強い構造となります。建物を箱にしたイメージです。

耐力面材の効果

1. 防耐火性
不燃材料認定を取得。万が一の火災時にも安心です。
2. 耐震性
高い壁倍率で地震や台風時の外力から建物を守ります。
壁倍率の数値が高いことにより、壁の面積を少なくすることが可能になり、窓を広く取るなど間取りプランの自由度が増します。
3. 透湿性
室内で発生した湿気を外壁側へ流出させることにより躯体の劣化や壁内結露を防ぎ、耐久性を高めることができます。

 

年中快適な断熱仕様

 

寒冷地の汎用技術を採用した
「基礎断熱、気密パッキン」

  • 床下に断熱材を施工せず、建物の外周に面した基礎立ち上がりに板状の断熱材を施工し、床下換気口を設けない工法です。

    この技術は床断熱に替わる断熱技術として外国で生まれ、北海道の住宅で試行、検証され、 昭和50年代に寒冷地の汎用技術として確立 しました。・・・北海道立北方建築総合研究所(旧・北海道立寒地住宅都市研究所)

    床断熱は、床下の温湿度は床下換気口によって外部環境に影響されますが、基礎断熱は床下換気口がなく、密閉するので 外気の影響を受けず、室内環境の影響を受けます。

 

少ないコストで快適に
「Eco換気システム」※オプション

地中熱などの身近な自然エネルギーを効率的に活用し、なるべく冷暖房に頼らない健康的で省エネな暮らしを実現する仕組みです。

  • 地中熱利用Eco換気システムの『全熱交換器』で、熱い外気を各部屋の冷たい内気で、少し冷やして床下空間に給気します。なおかつ、地中熱(夏の床下は25℃前後のヒンヤリとした空間)が、ベタ基礎に伝わり、床下の冷やされた空気と混じり合ってから室内に給気します。

  • 地中熱利用Eco換気システムの『全熱交換器』で、冷たい外気を各部屋の暖かい内気で、少し暖め床下空間に給気します。なおかつ、地中熱(冬の床下は15℃前後の暖かい空間)が、ベタ基礎に伝わり、床下の暖かい空気と混じり合ってから室内に給気します。

 

環境にやさしい断熱材「アイシネン」

  • アイシネンは1%のポリマーと99%の空気でできた、
    環境にやさしい素材の断熱材です。
    結露やカビ・ダニの発生を抑え、空気のバリアで
    熱を逃しません。「夏は涼しく、冬は暖かい」ので一年中快適に過ごせます。
    万一の火災でも燃え広がらず安心。
    やわらかく接着性が高いので地震にも強いのです。

  • 点火しても、即座に自己消火します。

    優れた伸縮性で地震にも強い。

 

透湿・防水・遮熱シート「タイベック®シルバー」

  • タイベック®シルバーは、高密度ポリエチレン不織布タイベック®にアルミニウムを蒸着させ、さらに繊維の一本一本にアルミニウムの劣化を防ぐ抗酸化樹脂コーティングを施した遮熱シートです。施工中の多少の引っ張りや引っ掻きにも耐える強度があり、断熱材の劣化も防ぎます。

 

年中快適な「全室Low-Eガラス」

  • Low-Eガラスは夏は紫外線による暑さを防ぎ、冬は家の中の熱を外に逃がさないような働きをします。
    快適な空間を維持しながら、家計にもやさしい高性能ガラスです。

 

家族を守る安心構造

 

高強度で安定した性能を保つ「軸組」

  • 安定した性能を有するエンジニアリングウッド(EW)を何層にも重ねることにより、木材の持つ反りやねじれ、割れを防ぎ高強度で安定した性能を保ちます。
    その強度性能は無垢材の1.5倍です。

    柱は「ホワイトウッド」を使用。
    比重が軽いのにも関わらず、ヤング係数(材木の変形しにくさを示す数値)及び曲げ強さの値が高い。また繊維が長く、靭性力がある。
    集成材の強度に影響を及ぼす筋が生筋※で小さい。
    接着剤との相性もよく安定している。
    ※生筋:枝が生きたまま包み込まれた状態で抜け落ちにくい。

 

耐震性に優れた「ピン工法、金物」

ピン工法

  • ピン工法は木造住宅の弱点となっていた、接続部における断面欠損を低減(画像参照)し、耐震性に優れた新しい工法です。
    施工精度のブレをなくすことで、安定して高性能の住まいを実現します。
耐震金物
基準の1.75倍の太さの筋交をオリジナルの耐震金物でしっかり固定します。

 

防蟻材「ボロンdeガード」

  • ボロンdeガードは永続的に防蟻防腐性能を発揮することで住宅寿命を延ばす強い見方です。50年でおよそ500万円と言われるシロアリ対策の必要がありません。また通常の防蟻薬剤に含まれるような毒素も含まれていませんので、小さいお子様がいても安心です。
  • 防腐薬品は気化するため、5年に一度のメンテナンスか再施工が必要です。

  • ボロンdeガードは気化しないため、永続的な効果が得られます。

森住建の家づくり